世界のエイズ孤児、その数1,220万人

エイズ孤児とは、両親または片親をエイズで亡くした18歳未満の子どものこと。UNAIDS(国連合同エイズ計画)が2018年7月に発表した推計によれば、今、世界に1,220万人いると言われています。

本人たちのHIV感染の可能性のほか、親を"エイズで失う"ことによる偏見や差別、家庭の稼ぎ手(親)を失うことによる貧困など、エイズ孤児を取り巻く問題はとても複雑です。

エイズ孤児の未来をつくるNGO・PLAS

私たちPLAS(プラス)は、エイズ孤児と周囲の大人たちが未来を切り拓いてゆける世界を実現するため、この課題に取り組んでいます。

複雑で手の行き届きにくいこの問題に、2005年の設立以来NGOとして、現地の人たちとともに、現地の力を最大限にひきだしてともに未来をつくる活動を積み重ねてきました。

これまでのエイズ孤児が通える学校建設・感染や差別を予防するための啓発教育を経て、現在は片親家庭お経済的・精神的な自立を促す活動を展開しています。

>>PLASの活動について
>>PLASがめざす世界

 

活動と現地の人達の様子

HIV陽性の若者たちの職業訓練の開始に向けて始動しました!

2018年6月~8月に多くの方にご協力をいただいたクラウドファンディング「エイズと共に生きる、ウガンダの若者の未来をつく […]

HIV/エイズと生きる人たちを支える「アドヒアランス事業」

抗HIV薬の普及により、かつては死の病とも言われたHIV/エイズは、適切な治療を続けることでHIV陽性であっても健康に暮 […]

絵本の読み聞かせで「前向きに生きる」力を育てる

今回は、ケニアで行っているライフプランニング支援のプロジェクトについてお伝えするとともに、特に絵本の読み聞かせ研修につい […]

現地の様子をもっとみる
現地の様子やイベント開催情報をメールでお届けします

日本国内での活動

国内では、イベントなどの機会を通じてエイズ孤児の問題とPLASの活動をお伝えしています。

また5月7日の世界エイズ孤児デー・12月1日の世界エイズデーという国際デーには各種キャンペーンを展開し、より多く様々な方にこの課題に関わっていただける機会を作っています。

>>イベント開催情報
>>寄付・ご支援の方法

 

日本国内の活動の様子

【イベントレポート】チャリティフットサルを開催しました!

12/8(土)、東京町田のグリーンヒルズ緑山フットサルパークにて、世界エイズデー・チャリティフットサルを開催しました。 […]

【広末涼子様他ご協力!】PLASチャリティーオークション第4週目開始!

Yahoo!オークションサイトにてPLASのチャリティーオークション第4週目が今日から始まりました! 本キャンペーンの趣 […]

世界のHIV対策のあゆみとこれから【世界エイズデー2018特別記事】

2018年12月1日。 世界保健機関(WHO)が世界エイズデーを定めて30年目を迎え、PLASがエイズ孤児支援活動を始め […]

国内の記事をもっとみる

わたしたちの成果

支援した子ども
1906
支援したシングルマザー家庭
235
エイズ教育を届けた人々
26785
現地のプロジェクト累計
18

(2018年10月1日現在)

受賞実績・取り組みへの評価
ご協力・ご支援の輪
セールスフォース様ロゴ